出版記念パーティー。

0
     週末は、友人の出版記念パーティーに行ってきました。

    広島と東京を拠点に活躍されている建築家さんです。
    このたび2冊目の出版をされました。

    パーティーの席で奥様とお話させていただいていたのですが、編集者の方が
    彼の活動にほれ込んで、是非本にしましょうと1年間企画を上げ続けたそうです。
    その熱意におされて、デスクも本の出版にゴーサインをだしたとか。

    編集者にそこまで情熱をもたらすことができるって素晴らしいな〜って
    思いました。
    でも、その建築家の方をみているとすごく納得できます。
    出版される前からお付き合いさせていただいてますが、建築家として言われている
    ことは一貫しているのです。

    住む人が幸せになる家を創る。


    そのまっすぐな思いと信念は気持ちよく伝わってくるのです。
    建築のことはもちろんだけど、幸せを大切にしているから、心理学面もお金の
    感情面も学ばれている。

    ほんとうにかっこいいな、と。
    遠方からもたくさんの方がお祝いで駆けつけてくれる
    、そういう素敵な人柄なのです。

    花火

    0
      土曜日は地元の大きな花火大会。
      午後にもなると、見物客で混み合ってきます。

      夕方になると、もっと混むので買い物は日中のうちに済ませました。

      花火大会をしている傍までいって見物しようかな?とも
      思ったのですが、暑いのでやっぱり辞めました。

      ラッキーなことに僕の家の窓から見えるので、去年と同じように
      自宅観戦しました。
      ちょうど、アトリエがわりにしている自分の部屋からまっすぐの位置
      に花火がみえるので、たまにピアノ弾いたりしながら、のんびり観戦
      していました。

      けっこう優雅で贅沢な時間だな〜と。

      モデルルーム

      0
        近所のモデルルームを見にいきました。

        よくあるような大手ハウスメーカーとは違う家です。
        木を贅沢に使った吹き抜けが特徴の家でした。

        木は生きているので、そこにいると独特の穏かな雰囲気
        があります。

        もちろん耐久性など、しっかりつくらないと長年住み続けるのは
        難しいという課題もあります。
        でもこういう家がほしいな〜と思いました。

        僕は自分の家に作曲できるアトリエが欲しいなという
        夢があります。
        間接照明でソファーはグリーン。
        ピアノはヤマハのグランドピアノ。
        外には緑がみえる大きな窓。

        ピアノもどこで買うのかもう決めています。

        家をみながらすっかり妄想にひたっていましたラッキー

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        1996
        1996 (JUGEMレビュー »)
        坂本龍一
        インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
        ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
        坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
        その構築美を堪能できるベストアルバムです。
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM