お気に入りのギター。

0
    JUGEMテーマ:音楽

     
    最近、久しぶりにギターをケースからとりだしてポロポロ弾いてます。
    マイクの購入を考えているので、いつもお世話になっている楽器屋さんのところに
    いってスタジオで録音しようと思っているのです。

    一応3,4種類のマイクを候補に出しているので録音して聴き比べてみようってわけですが、
    残念なことに、そのスタジオには生ピアノがない。

    ということでギターで録音しようかな、と思いケースから取り出しているわけです。
    高校生の頃は一日中ギターを弾いていたけど、メイン楽器をピアノにしてから
    ほとんど弾かなくなっていたんです。

    でも、ギター自体はすごく好きだったし、音楽もギターが入っている音楽が大好きでもあるんです。
    好きなギタリストもたくさんいてね、ローリングストーン誌が出した、ベストギタリスト100みたいなのがあるんですが、ほとんど知ってるし、演奏も3分の2以上の人は知ってる。。。ぐらい好き。

    それで、数年前にこの写真のアコギを買ったんです。
    ギターショップの店員さんがお勧めしてくれたものです。テイラーっていうブランドです。
    はじめ、4,5万のアコギをお店でシャカシャカ弾いていたんですけど、店員さんと話していると
    だんだん本音が出てきて、「はっきり言って4,5万のその辺のギターじゃ全然だめですね!」
    って言うわけ。
    それがよかったんです、はっきり言うなんて、この人ギター好きだなって思って。

    「なら、どれがお勧めですか?」って聞いたらこのギターをもってきてくれて、弾いたら
    もう全然違うわけ。
    楽器が鳴るってこういうことね!って感じでした。
    それで弾いて10秒で「これ買います」って言いましたね。
    あまりに即決で「あ、は、はい」って店員さん、面白かった。たしか15万ぐらいしたかな。

    いまでもお気に入りです。
    でも、久しぶりなので腕はなまっちゃってるからね。
    せっかく録音するなら一応曲らしいものを、って思ったのでギターで創ったけど、弾けないのね(涙)
    開放弦をつかったあやしい響きの曲なんだけど。。。
    だから練習中です、ははは。

    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM