英語

0
    最近、少しずつですが英語の勉強をしています。
    きっかけはいくつかあるのですが、おもに3つあります。

    ひとつはフランスに行ったとき、たのんでいないシャンパンの
    料金を請求されそうになったこと。
    ホテル従業員の女性が英語で話しているのですが、ほとんど分からない。
    最後に女性は、両手を広げて「やれやれ」みたいなジェスチャーを
    してしまいました。

    もうひとつは、東京に行ったとき外国人に、チケットをみせられながら
    「しながわ。。」と言われたとき、思わず「品川行きたいの?」と
    答えてしまったことです。日本語で・・・

    最後は、映画が好きなのでよくみているのですが、字幕なくても
    みれたらいいな、と思っているんですね。
    字を読まなくていいぶん、役者の演技やカメラワークに視野を集中
    できるって面もあると思いますし。

    先日、大好きな映画のひとつ「インセプション」の英語の台本を買いました。
    残念なことに、今の僕の英語力では読むのも大変で。。3ページで挫折してしまいました。。_| ̄|○
    あれは設定も日常とは違う映画ですからね、、単語も??でした。
    今度はもう少しディズニーアニメとか、分かりやすいものにしようと思います。


    l am studying English little by little. There are some kind of  chance, but l have three mainly.
    The first reason,When I went to France, was now likely to be charged for the champagne that I did not order.
    Employees
    of the hotel were talking in English, but l did not know most.
    Employees
    had been a gesture of "whew".

    The second reason,When I went to Tokyo, I was talking to foreigners.
    He said
    "Shinagawa".
    I ended up saying in Japanese as "shinagawa ikitai no?".
    English did not come out instantly.

    The last reason,I love movies. l often watch it.
    I want to be able to watching a movie without subtitles.
    Because I can focus on camera work and acting of the actors.
    JUGEMテーマ:音楽


     

    遺伝子。

    0
       先日は創作ダンスの主要キャスト、スタッフとの顔合わせに行きました。

      地元から発信していこうという人たちが集合という感じで嬉しかったです。
      分野は違うけど、同じ表現という土俵にいるので、感性を磨き合える場に
      なるだろうな〜と思います。

      また、こうして出会った人たちと違うところで何かを一緒にやることも
      あると思うので未来を想うとワクワクしますね。

      おっきなビジョンをもってる人もいますしね。

      僕自身もどんな音楽を創るのか楽しみです、この舞台のために。
      さっそく一昨日テーマ音楽を書いてみました。
      まだ台本があがってないので音楽は変わる可能性がありますが、
      友人に聴いてもらったら、今までと違う要素があるから、これは
      何かのための音楽?と言われました。

      豊かな感性の人に会うことで自分の感性も磨かれて、より深い音楽を
      創れるようになると思うのです。

      人間にはたくさんの遺伝子があるけど、スイッチがオンにならずに
      そのままおわる遺伝子もあるそうです。
      そのスイッチを入れてくれるのが、外部からの情報や環境によるところが
      大きいそうです。
      だんだんパターンを作っていくとおもうのです、人って。
      だからそれを打ち破ってくれるのが、他の人に触れるってこともひとつかな
      と思います。

      それによって眠っていた能力や才能が目覚めるってあるわけですよね?

      自分の鏡。

      0
         http://amba.to/x0v6CG
        (往復ハガキで2月24日必着で申し込む必要あり)
         
        知り合いでプロのコーチとして活動されている方の市民講座です。
        コーチングといって目標を達成するサポートをする技能ですね。

        それを教える講座をされるとのことです。
        もともとは役所に勤務されていて、そこから独立してプロコーチになった
        という方(女性)です。

        僕は直接誰かにコーチングを受けたことがあるわけではないのですが、
        その手法は興味があるので、本を読んだりしたことはあります。

        目標を達成できない場合、能力というより習慣(考え方、行動)の問題だったり
        するので、そこを変えるってこともそのひとつ。
        でも、自分で考え方や行動を変えるのは難しかったりするのも事実。

        もっとその奥に、自分の観念みたいなものがあるからですよね。
        そこを書きかえる必要がある場合もあるし。
        それがなかなか自分ひとりでは見えにくいので、それを気付かせてくれる
        鏡のような存在がコーチといえるのかな?

        僕もなんだか腰の重い部分ってありますね〜。
        本当は毎日ピアノ練習したほうがいいのに、できない、、しない、とか。
         

        ソーシャルネットワーク

        0
           昨日から、フェイスブックをはじめました。
          僕のまわりでははじめてる人がたくさんいてびっくり。
          いや〜僕が遅いんだな、きっと(笑)

          自分の出身大学とか探してみたりしたけど、結構少なかったな〜。

          でも、分かる気がする。
          大学とか、学部とかの風土があるから。

          まあ、あまりネットにコミットしてない感じしますから、
          ソーシャルネットワークっても??かもしれないな、と思って。

          自分が友人になれる可能性のある人が出てくるのをみて面白いな〜
          と思いました。
          どういう人とつながっているか、というのは人生の縮図のように
          思えたからなんですよね。

          今、リアルとネットの境目ってどんどん曖昧にというか、近づいている感じがする。
          リアルでも動きのあるエネルギーを発していると、そこに人も情報も集まるし、
          それがネットでも反映されてるように思ったんですよね。

          ま、僕はぼちぼちコミットしようかなぁ〜。。。


          興味に落とし込む。

          0
            作曲、とくにオーケストラ作品の作曲・編曲には和声法の知識が不可欠です。
            和声法って和音の流れをどうつくるか?ってものなんですが、この和音からこの和音にいく際、やってはいけないことってのがいろいろあります。

            なんでやってはいけないか、というと響きが濁るからです。

            オーケストラは主に3つのパートがあります。
            〔擺紐擺
            金管楽器
            8抗擺

            そして、それぞれのパートが基本、4種類の楽器で編成されています。
            音域でいうと、高い、真ん中、やや低い、低い。という配置です。

             銑まで、それぞれ4つの音の動きを、縦、横の流れでつくるので
            美しい響きを得るための基本なのですね、和声学は。

            そういう話を、奥さんにしていたら、会社の仕組みを設計する感じなんだね
            、と話していました。

            企業が収益を上げながらうまく回るには全体の、設計がいる(これ、作曲)
            そして、それをマネージメントする人(これ、指揮者)もいる。

            なんてね、さすが企業経営のコンサルタントをしているだけあってなるほど〜とか思いました。
            人って自分の興味あることに、落とし込んで解釈するもんだな
            と思っておもしろかったです。

            なにかを人に伝えるときには、これ有効かも、なんて思いました。

            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            1996
            1996 (JUGEMレビュー »)
            坂本龍一
            インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
            ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
            坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
            その構築美を堪能できるベストアルバムです。
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM