けっこう猫、好き。

0

     
     けっこう猫好きです。
    道で出くわすと、じーっと観察してます。この子はカメラ向けると警戒してました。
    ので、顔なし(笑)

    僕が猫好きだからか、向こうからもよってきます。
    でも、僕は家で猫を飼ったことがない。これからもたぶんないかな。。。と思います。
    爪で家具とか、がりがりやっちゃうって聞くから、、猫飼っている人に。

    ピアノとか、ガリってやられたら、へこんじゃうからね
    遠くからみてるぐらいにしときます。
    友人の家でピアノ弾いてたら、そこの猫がピアノの上にのって丸くなってずーと
    いた。たぶん聴いていたんですよね。ピアノ。耳くるくるしてたし。あれは良かった。
    僕も君のために弾いてる、って感じあったから。


    犬は、子供のころ、ドーベルマンみたいな犬に襲いかかられそうになったので、
    トラウマ。
    自分の背丈より大きな黒い犬が、猛スピードでこっちに来るわけですよ、口あけて
    牙みえてて、もうね「殺される!」って本気で思った

    飼い主が、僕の2,3メートル手前で、声張り上げて呼んだから、ピタッと止まって飼い主の
    もとに戻っていったけど、それ以来、犬は怖いって刷り込まれてる。

    その体験後に、昔一度 父親が拾ってきた犬を飼っていたときがあったけど、もう弱っててすがるような眼をしてた。
    結局、またいつの間にかどこかに行ってしまった。。。そういうのも悲しい思い出がある

    だから、わんこには、怖いのと悲しいのと。。。あまりいい記憶がないのね。

    犬にも、猫にもそれぞれ体験、記憶があるけど、子供のころのインパクトは大人になっても
    残るものです。

    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM