<< ビデオカメラ | main | PCの設定 >>

ドレミ

0
    基本的にピアノは独学。


    子供のころ姉がピアノを習っていたので、
    そばでいつも聴いていたら、いつのまにか弾けるようになってた・・


    そんな感じです。


    もちろん好きだからず〜っと弾いていたりって
    苦じゃなかったんですけどね。


    でも、問題が。
    普通はきちんと音階練習するわけですよね。


    僕はそこをすっとばして弾いていたので、
    きちんと、ドレミファソラシドが弾けない。


    いや、一応今は弾けるんですけど、最近まで弾けなかった。



    それで、人生で一度だけ、知り合いのピアノの先生に
    レッスンをつけてもらったことがあります。

    実は、僕 ドレミファソラシドが弾けないんですけど・・・
    って言ってね。


    「おま〜よくそれで作曲してたな〜」って。


    でも親指をきれいにくぐらせるの、結構難しいなって思って
    やってました。

    あと鍵盤をおさえる指の角度、手の形・・・そういうのでも
    音色がかわるから。


    耳で聴きながらやっていたけど
    「型」も大事かもな・・・と思いましたノーノー

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM