<< データでおくる | main | 同じ境遇でも・・ >>

デザイン

0
    知り合いにデザイナーがいます。
    僕はそれまで「デザイン」というと、何かものをつくるイメージがありました。
    たとえば、家具とか照明とか、車とか。
    でも、それはごく一部であって、
    広告などの文字レイアウトもデザインなんだということがわかりました。

    本の編集なんかもデザインだといえるわけです。
    そういうふうに、いったんこうだと思い込んだものは、
    違った枠組みでとらえることが難しくなります。
    むしろ、そういうことに気づかずにとらえていること、というのが、
    ものすごく多いのかもしれません。
    ほんのちょっと自分の中の定義を変換することで、そこに存在しているものが、大きく違ってみえる、ということですね。

    僕は、そのデザイナーから、新しい枠組みを教えてもらうことで、
    ほんのちょこっとかもしれませんが、
    世の中を見る視点が変わったようにおもいます。

    そのデザイナーに、自分のロゴを作ってもらうことにしました。
    どんなのができるか、楽しみです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM