<< 映像の世界、音の世界。 | main | クラリネットのレッスンへ1 >>

勉強会6(夢について)

0
    「わくわくチャレンジクラブ」という勉強会。僕たちは、月1回のペースで行っていますが、今回6回目終了。
    毎回テーマは変わるのですが、今回は夢。

    皆で、自分たちの夢を語り、それを実現するために、明日から何ができるか?そういうことをワークでシェアしたりしました。

    ものすごく小さなことでいいから、なにか具体的な行動を起こす。
    夢の実現に、こんな小さなことで何が変化するのだろうか?
    そう思うかもしれないけど、実はその小さな一歩がとても大切だと思うのです。

    でも、わかってはいるけど、なかなかそうもいかない。。。。
    という人が多いのも、これ事実。

    その人の中には、過去の経験を何らかの意味づけと関連させて記憶されているから、それが、ある面からみれば「かしこく」なっているけど、ある面からみれば、「制限」にもなっている。。。というメカニズムにはなかなか気付かない。
    それよりは、お金や時間、年齢の問題にすりかえたほうが、自己正当化されるということなんだけど、そこをみるのは痛みも伴う。
    人間だれしも、そこは避けたいとう心理ですよね、僕もそうだしね。

    ただ、これは周りにそれを攻撃的でなく、見守る感じでオープンに話し合える人がいたらかなり事情もことなるように思うのです。

    だから、僕なんか自分のためとか、自分が楽しいからってことで、この勉強会には自ら参加もしています。
    他の参加者からの気づきがもらえるのが、楽しいのです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM