<< 制作中で睡眠不足。。 | main | アップしたけど、みないでね・・・ >>

音叉からのメッセージ?

0
    JUGEMテーマ:音楽

     
    これ何かわかるでしょうか。。。?

    音叉です。
    たたくと「ふぉわ〜ん」って感じの音がします。「ラ」の音がします。

    チューニングに使うものですが、僕はそういう意味で手にしているのではなく、
    ある人に、言われて、なのです。

    「音叉を聴いてみたほうがいいよ」、と

    ちょっと不思議な話に聞こえるかもしれませんが、そういった人も理由はわからない
    んですって。ただ、直感の声がして、それを僕に伝えているだけ。

    でも、何か意味があるに違いないと感じたんです。
    そう感じさせる言い方だったんですよね。

    それで、ピアノ調律センターに行ったとき、「音叉ありますか?」と尋ねたら
    実にいろんな種類があるから、まずは貸してあげます、ということで、今お借りしている
    というわけなんです。

    音叉って、たたいて音を出したあと、それをテーブルにくっつけると、音がテーブルに共鳴して
    広がるんです。それはちよっと「おお〜」って小さく感動します

    音叉って、先が二つに分かれている。これが共鳴しあって音が響くんですよね。
    それみて、奥さん「ふたりで共鳴して、それを周りに拡げていくってことなんだ」と言ってました。
    なるほど、と
    とても感性が鋭い人なので、言うことが的を得ていることが多い。

    僕に音叉をすすめた方は、こんなことも言ってました。

    「としくん、人体模型図をみるといいよ」

    へ?って感じでした。
    でも、それも一応みてみました。人体はひとつの宇宙のようです、それぞれの器官が
    それぞれの役割をはたしている。部分と全体。
    その両方を見る、感じる、ということが大切で、すべての存在には意味があるってことなのかな、
    と思ったりしました。

    その宇宙のような広がりを感じながら、響きを伝えていく。

    音叉と人体模型図から、そんなことを感じとりました。
    少し、不思議な話のように感じますよね。
    僕にそんなメッセージを伝えるなんて。。その方はたぶん別の星からきたんでしょうね。。
    な〜んて。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM