<< 東京滞在2 | main | 音楽ビジネスのこれから。 >>

昭和37年産のピアノ。

0
    JUGEMテーマ:音楽

     
    昨日は、友人宅のサロンに行きました。このピアノは昭和37年に製造されたものだそうです!
    もう、だれも弾かなくなって家にあったので処分しようかな。。。と思って取りに来てもらったら、
    「すごくいいピアノだしメンテしたら使えますよ」って言われたそう。

    そして今このサロンに戻ってきたというわけです。
    僕は、このピアノを弾きに、、、会いに行ってきたというわけです。

    今製造されてるピアノにはもう使われていない木だそうです。
    楽器は全体が共鳴して響いているから、木の質も音に大きく影響します。

    とても長い年月のたった木の音がしました。アンティークっぽい感じというか。
    懐かしい感じですよね。
    ヤマハのピアノなんですが、世界標準の音という今のヤマハより一世代前の、日本の技術者が
    西洋の一流ブランドを手本にしながら切磋琢磨して創ったピアノ、という感じです。
    いい意味で日本的という感じですね。

    この素材が使われなくなったのは、世界的に量産していくにはコストや時間とか、
    そういう条件的に厳しかったからかな。。。と、あくまで推測ですが、思ったりします。

    暖かく優しい音でした。

    昭和37年だから、僕がうまれるより前からあるピアノ。
    また蘇ってきて誰かに弾いてもらえるようになってよかったな〜って思いました。

    その友人の娘さんがピアノに興味あるみたいなので、彼女が弾いてくれるんでしょうね♪
    ピアノ弾きたいの?と聞くと、目がきらきらって輝いたんです。ほんとにパッと。
    まだ小さいのに、もう好きって感覚があるのが興味深かったです。

    コメント
    昨日はどうもありがとう♪
    トシくんの優しいメロディに心なごみました。

    日本のピアノ製作は昭和40年代からプラスチックが使われるようになったらしく、プラスチックが使用されてない木製ピアノが出す音色にこだわり、30年代製のピアノをわざわざ探す調律師さんもみえるそうです。

    また、遊びに来てね♪
    • りえ
    • 2011/09/12 11:26 AM
    なるほどね〜。調律師さんの気持ちわかるかも。
    ヤマハはもちろん今も優れたピアノだけど、スタンウェイなどに比べると10倍も生産いているのね。
    量産可能な仕組みはそういうとこからきてるのかもね〜。
    • とし
    • 2011/09/12 7:35 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM