<< であい。 | main | 体重。 >>

痛みを避ける。

0
     週末は妻が主催するランチ会に参加しました。
    数か月に一回とアバウトですが、定期的にやってます。

    月一で定期的に開催している勉強会もやってます。スタート時からその勉強会に
    参加してくださっている方もランチ会に参加されてて、ふとした縁がきっかけで
    1年以上のお付き合いになっていて、感慨深いな〜などと思っていました。

    ランチ会はおいしいものを食べながら、どんなことをやっていきたいのか?
    を考え話し合ったりします。
    自分以外の人からのヒントをもらうこともたくさんあって、なるほど〜、と
    なってます。

    どういうことをやりたいか、はどんな人でありたいか、ということに
    つながってて、共通しているのは自分のあり方なんだな、と感じます。

    尊重しあえる人間関係があるほうが幸せだな〜とか思います。
    そういう関係性の中で仕事をしたいと思います。
    そしたら、僕から相手を尊重して接するってことが必要ですものね。

    いい音楽を創りたいと思ったら、いい音楽に触れることが大事だし。

    ただ、だいたいそうしたくても、わかってるけど何故かそうできない自分って
    いるわけですよね。やっぱり人間って喜びを得るためか、痛みを避けるか、その
    ふたつしか行動原理ってないな〜なんて思います。
    いろいろできない理由ってあるけど、やっぱり自分が傷つくかもしれない
    ことって一歩がでにくいんですよね。

    注射が嫌いだから、予防注射とかほんとうに苦痛です。
    でもうってみたら意外に痛くない、大人ですし。でも、僕のなかで注射は痛くて
    わめき散らかした子どのも記憶があるから今も気が重くなる。
    そういう過去の記憶が実態以上の痛み(心・気持ち)を自分にもたらしているから
    反射的に避けたくなるんですよね〜。。。

    でも注射はきらいだな。。。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM