<< 芝居。 | main | 制作中 >>

思案中

0
     昨年もやった舞台の第二弾が動き始めた。

    演劇・ダンス・音楽・映像を融合させた舞台。
    台本はもう上がってきている。

    簡単に音楽の打ち合わせもしているけど、
    本格的なものはこれから。

    僕の中でも、どういうものにしようかあれこれ
    イメージしているところ。

    本日は、参加者との顔合わせ。
    初対面の方のいる。また昨年と違うメンバーもでるから。

    今回はギターやバイオリン、パーカッション、コントラバスも加わるので
    アレンジまで考える必要があって、そこも大変。

    今は、いろんな音楽を聴いてる最中。

    シュープリームスやフォートップスなんかのモータウン系から
    グレングールドが弾くブラームス。。。

    クラウスオガーマンの作品一群。。。マイケルブレッカーやジョージベンソン
    なんかだね。
    クラウスオガーマンの音楽は、実験的な側面も強くて
    面白い。和やかなストリングスのイメージがジョビンとの仕事で
    あったので、ジャズ系の人とのコラボ作品聴くと、ワオー
    こんなハーモニーも使うんだってんで驚いた。。

    まだ、音楽のメインテーマのイメージも定かじゃないので、
    どういう和音やリズムを使おうか。。。と思案中。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM