<< 思案中 | main | ビョーク。 >>

制作中

0
     しばらく体調すぐれず、だいぶ良くなってきたが、まだのどが痛い。
    というか、よくなってきたと思ったら、今度はのどが痛くなってきた。。

    先日、演出家、主催者と僕の3人で今後のスケジュールと舞台の
    内容にについて打ち合わせをした。

    芝居とダンスがあるので、どういう段取りで稽古
    していくか。

    どこにどういう音楽をつけるか。

    ダンスは音楽がないと振付を考えられないから
    まず音楽を先にあげないといけない。

    ということで、今はせっせっと音楽を制作している。
    かなり引きこもりモードになるのでこっちもたまにしか
    書けなくなる。

    リクエストで攻殻機動隊のような音楽ってのが、一部あったので
    CDを聴いたり、映画をみたりしてたが、これが面白い。

    音楽は、菅野よう子なので、もちろん素晴らしい。
    この人は、センスが素晴らしいと思う。

    ある特定のジャンルってものによってる人じゃないけど、
    例えばロックな感じでもすごくかっこいいギターリフを
    作れるのよね。ギターを弾く人でロックを好きな人が、ああこの感じいいねって
    思うような。

    たぶんギターとか弾く人じゃないと思うけど、、、
    それがどういうテイストのものでも本質的な部分を抽出してるから
    すごいねって。しかも、それが物語の世界観を拡げてるから
    なお、素晴らしいってことで。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM