<< ビョーク。 | main | 朗読とコラボ >>

コンサートへ。

0
     現在、映画の音楽を制作中。

    今月末に公開するので、今週中には仕上げないといけない。

    ダンスと演劇を融合した舞台のための音楽制作も同時にやらなきゃ
    なんで、少し忙しい。。。

    本当に自分がやりたいことのための時間を確保することも
    考えなきゃいけない。
    これらも、自分がやりたいことにかわりはないのだけど、、


    坂本龍一のコンサートに行った。
    オーケストラとの共演。

    大阪、東京の2公演を観た。

    大阪は客席の後ろの方。東京は舞台の横後ろ辺り。。。舞台の中からみているようで
    楽しかった。


    指揮者の表情や身振り手振りがよく見えるので、自分も演奏者に加わってる
    感覚で観れたから。

    だいたいお客さんから指揮者は背中しかみえないけど、東京公演ではほぼ
    指揮者の正面だったからね。すごく丁寧に伝えてる様子がよくわかった。

    客席にはホールの音響でオケの音がうまく混ざってからの音もきこえてるけど、
    東京公演の席は、どちらかというとダイレクトに楽器からでてくる音が
    聴こえてきたので、興味深かった。

    大阪では金管の音がアレンジ的に重いかな〜と感じたけど、東京では
    そう感じなかった。オーケストラは聴く場所でもだいぶ印象がかわるな〜って
    思ったね、例えアレンジが同じでも。

    坂本さんのピアノは繊細なんだけど、とてもどっしりしてる印象だった。
    いろいろな側面がある。厳しさ、優しさ、寛大さ、無垢、知性。。。
    そういうのが人間としての魅力をかもしだしているから、多くの人が聴きにくるんだろう
    ね。。。もちろん音楽そのものが素晴らしいのは言わずもがな、、、だけどね。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM