<< 朗読とコラボ | main | 情報量 >>

ヤレヤレな。。

0
     先日、朗読との稽古に行ってきました。

    車でいくか、電車でいくか悩んだけど、車だと1時間半ぐらいかかって
    疲れるので電車で行くことにしました。
    電車だと道中寝てられるのでね。

    まあ、しかしそれが結果悪かった。

    駅までは車で行ってたので、帰り、車に乗り込んだらキーがまわらない。
    おかしいな、と、説明書をひろげてみたものの、よくわからない。。

    おかしいなおかしいな、とあたりをみまわしてみると、ライトをつけっぱなしに
    してるじゃないですか。いや、すでにライトはついてなかったけど、、、
    そう、どうもね、エンストしていたみたいで。。。

    さっそくJAFに電話したけど、混んでるみたいで到着は夜の12時すぎに
    なります。。。と言われてしまったのです。

    もう、疲れているし、暑いしで、そんなに待ってられない。
    ということで車はおいて帰りました。
    翌日、JAFに来てもらいすぐ修復されたのでよかったんですが。。
    しかし、疲れないようにと電車でいったのに余計疲れちゃいました。

    その疲れからか、今はのどが痛く、ストレスで口内炎も出来てしまいました。
    やれやれです。。


    稽古はよかったです。
    互いのだす音をよく聴き合って、よいテンションのパフォーマンスが
    できつつありました。
    今回は演出家が入っているので、良いです。
    前回、僕のコンサートで朗読をしたときは、第三者的な立ち位置の人が
    いなかったので、ある程度枠を決めてやっていました。

    今回も全然ないわけじゃないけど、先に枠ありきではなく、即興的に
    繰り出して行って、そこを演出家がまとめていく、みたいな方法なので
    生ものな感じが強いですね。

    ようするに本番もどうなるか?自分が一番、楽しみってことです。

    その前に、この喉の痛みを直さないとね。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM