<< ライブその後。 | main | キーボードの引越し >>

いたた。。

0
     1週間ぐらい前に抜歯してきました。親不知。

    いきつけの歯医者さんから紹介状をもらって大きな病院へ。
    説明を受けると、ますます怖いわけです。

    どんだけ大変な手術なんだっ!!ってね。


    まあ、実際受けてみてほんとに大変でした。
    術仲は麻酔してるから、抜歯の痛み自体はさほどですが、恐怖ですよね。
    目かくしされて音だけの世界は、映画の中でとらえられた諜報員がこれから
    尋問されるシーンを思い浮かべました。。

    抜いた後の痛みがけっこうあって、ずっと痛み止めを服用している
    ような状態です。。


    おまけに術のストレスからか、口内炎も4つぐらい発生してしまい、
    両方の痛みで大変なわけです。
    抜歯の幹部の痛みはもっと深くから押し寄せてくる感じなので、
    ダメージが大きいです。。。

    う〜ん、反対側の親不知も抜歯しないといけないので、それを考えると
    憂うつの極みですね。。。

    僕は痛みに弱いから絶対スパイにはなれないと思いましたね。
    諜報員はとらえられても口を割らない訓練も受けているのかな?とか
    思いました。でも、そんなん無理ですよね。。すぐ白状しちゃうな、とか
    思いましたね。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM