<< キーボードの引越し | main | ロシアより From Russia >>

ネットの中の音楽

0
    JUGEMテーマ:音楽
    サウンドクラウドにいくつか音楽をアップロードしました。
    これから少しずつ作った楽曲をアップしていくつもりです。

    音楽を作る環境と、届けるシステムが整った今の時代、
    簡単に外の世界に飛び出していける。

    世の中には常に音楽があふれている状態。

    人口密度が高まると、親和性が薄れる都会の現象と
    似ているかもしれない。

    都会の人々が、群集のように見えてしまうのと同じように
    音楽もアートというより情報の側面が大きくなっているように思うのです。

    I've uploaded the some music to sound cloud.
    I'm going to continue to up the music that I made little by little now.

    Now that the era of the environment and making music, system to deliver is well-equipped,
    We are able to jump out to the outside world easily.

    The state in which the music is always full in the world.

    Population density increases, the phenomenon of urban affinity fades
    May be similar.

    People in urban, in the same way that would look like a crowd
    I think the side of the information in such a way is larger rather than art and music.

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM