<< Border | main | 月 moon >>

英語

0
    最近、少しずつですが英語の勉強をしています。
    きっかけはいくつかあるのですが、おもに3つあります。

    ひとつはフランスに行ったとき、たのんでいないシャンパンの
    料金を請求されそうになったこと。
    ホテル従業員の女性が英語で話しているのですが、ほとんど分からない。
    最後に女性は、両手を広げて「やれやれ」みたいなジェスチャーを
    してしまいました。

    もうひとつは、東京に行ったとき外国人に、チケットをみせられながら
    「しながわ。。」と言われたとき、思わず「品川行きたいの?」と
    答えてしまったことです。日本語で・・・

    最後は、映画が好きなのでよくみているのですが、字幕なくても
    みれたらいいな、と思っているんですね。
    字を読まなくていいぶん、役者の演技やカメラワークに視野を集中
    できるって面もあると思いますし。

    先日、大好きな映画のひとつ「インセプション」の英語の台本を買いました。
    残念なことに、今の僕の英語力では読むのも大変で。。3ページで挫折してしまいました。。_| ̄|○
    あれは設定も日常とは違う映画ですからね、、単語も??でした。
    今度はもう少しディズニーアニメとか、分かりやすいものにしようと思います。


    l am studying English little by little. There are some kind of  chance, but l have three mainly.
    The first reason,When I went to France, was now likely to be charged for the champagne that I did not order.
    Employees
    of the hotel were talking in English, but l did not know most.
    Employees
    had been a gesture of "whew".

    The second reason,When I went to Tokyo, I was talking to foreigners.
    He said
    "Shinagawa".
    I ended up saying in Japanese as "shinagawa ikitai no?".
    English did not come out instantly.

    The last reason,I love movies. l often watch it.
    I want to be able to watching a movie without subtitles.
    Because I can focus on camera work and acting of the actors.
    JUGEMテーマ:音楽


     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM