<< 月 moon | main | 恐怖をどうするか? >>

恐怖をのりこえる。

0
    先日、右下奥の親不知を抜いてきました。
    左下奥の親不知を抜いて、2年以上過ぎていました。

    それまで、ずっと気になっていたのですが、なかなか行く気になれませんでした。

    なぜなら、左側の親不知を抜いた後、数週間猛烈に痛かったからです。
    また、こんな痛い思いをするのか、と想像したら怖くて。。

    じゃ、なんで2年以上たって行けたのかってことです。

    ふたつ理由があります。

    一つ目は、自分に問いかけたのです。
    このままやらなかったらどうなるか?と。

    歯科医には、虫歯になる可能性が高いといわれていました。ということは
    最悪、虫歯になって、親不知だけでなく、隣の歯も抜くか治療するかしないと
    いけないわけです。それは嫌だなってことです。
    しかし、頭ではわかってるが、怖いよってことです。

    で、二つ目。

    最初に親不知を抜いた時の恐怖記憶を、小さくしました。

    どうやってやるか?ですが、少し長くなるので、また次に書きたいと思います。
    JUGEMテーマ:健康

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM