<< 恐怖をのりこえる。 | main | 美しい気 >>

恐怖をどうするか?

0
    最近、少しづつセッションをしています。(音楽じゃないですよ)
    結局は、それが一番自分の力がつく方法だと思うからです。

    人から学ぶということが多く、それが自分の夢や目標を実現する
    力に還元されると感じています。

    大切だな〜と思うのが、月並みですが、自分の望むことをしっかり
    イメージし、今やっていることとそのイメージをつなげることです。


    そう、前回書いた、恐怖を克服する、あるいは小さくする方法ですね。

    記憶を少し広げます。歯医者に行って、抜歯した後の何か楽しい記憶も
    一緒に結び付けて思い起こします。

    僕の例で言いますと、抜歯後、大好きな映画を観ました。感動しました。
    この抜歯する前から、大好きな映画を観て感動したところまでを一つの映像記憶と
    します。
    その映像記憶を逆回しで高速再生します。逆回し高速再生を何度か繰り返します。
    手ぶりをつけてやると、より効果的です。

    そうすると、自分の記憶が変わっています。
    映画の楽しさが増幅され、恐怖の記憶は小さくなっていることに気がつくはずです。

    実際に僕は、この方法で歯医者に行くことができました。
    恐怖はゼロではなかったので、診察台に座っている時も、頭の中で
    記憶映像の逆再生を何度もやっていました。

    ずっと棚上げにしていたことを完了させると、エネルギッシュになります。
    行動に弾みがつきます。

    セッションから得た気づきは、またおいおい書いていこうと思います。
    JUGEMテーマ:健康


     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM