<< 恐怖をどうするか? | main | 芝居とアート >>

美しい気

0
    先日、神奈川の逗子在住の友人夫妻宅に遊びにいきました。
    横須賀線に乗って行きました。
    鎌倉を過ぎたあたりから、雰囲気が変わりました。
    逗子駅に降り立つと、すごくさわやかできらきらした空気感。

    良い気、ってことですね。

    生活を楽しんでいる、そんな雰囲気でした。
    場の空気にひかれて移り住む人も多いとのこと。

    自分の個性をのびのびさせている人が多いので、この街に住む
    友人夫妻をみても、いいエネルギーを吸収しているなって感じました。 
    その営み自体がアートです。


    ご夫妻にもセッションさせていただきました。
    いつも感動する部分は、人はやっぱり自分の好きなことって
    あるし、そのことを話している時は活き活きするってことです。

    僕は、その人たちの未来を共有させていただいてる感覚に
    なり、とってもワクワクします。
    それらは実現できると思ってます。
    そして、数年後かに僕も体感したいと思うわけです。実現したその世界をね。
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM