<< 芝居とアート | main | 変容を楽しむ。 >>

カルメン

0
    金森穣氏率いるノイズムの舞台「カルメン」鑑賞。

    http://noism.jp/


    オペラ作品らしいというか、憎悪や嫉妬、そして死がふんだんに
    盛り込まれています。

    それを、ダンスで表現するわけですが、これが
    見事に身体表現で伝えているわけです。

    むしろ言葉がないぶん、身体の動きひとつひとつが
    なにを表しているのかって注視させられました。

    自分の参加する舞台に何かプラスになるかな、と思い
    観に行きました。
    お客さんも、アートな雰囲気があり、場の空気を体感
    できて刺激を受けました。
    JUGEMテーマ:アート・デザイン




     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM