<< 答えはいずこに? | main | 死は生。 >>

ワークショップ

0
    友人の役者たち、東京で公演する機会が増えてきました。
    とてもうれしいです。

    まためぐって一緒にやるときは、それぞれが成長している
    って理想です。
    そうやって仲間が育っていったら何年後かに、違う形で
    一緒にできると思ってます。

    ワークショップとかね。

    音楽と演技の関係性についてとか。
    音楽と映像の関係性についてとか。

    世界中でできたらいいね。
    楽しそう。
    考えたら面白い、世界中どこの国でも芝居や音楽、映画を
    創っているのだから。

    昨日も、アトリエへ。必要なシーンの8割は音楽ができた。
    演出家にも、良い曲と言ってもらえた。
    しかし、こっからが大事。まだ完成までには
    詰めるポイントがある。
    演技との相乗効果を考える上で、各音のバランスはすごく大切だから。
    もう少ししたら、エンジニアと詰めていきたいと思います。

    そして今回は、美術作家がいる!
    おのおの作風が違うのだから、音楽も少し変えたい。
    とはいうものの、役者が戸惑ってもいけないので、どこをどう変えるか?
    これは難しい。でも、面白そうだからやってみたいな。

     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM