<< 子供の感覚。 | main | あり方。 >>

挑戦。

0
    芝居の音楽、二人目分は先週土曜日に演出家に提出しました。
    二人目とは、全部で3人の作家が作品を出すからです。それに呼応して
    音楽も変えてみようと思ったのです。

    はじめは少し変える程度かなと予想していました。
    しかし、実際に作家たちと会って作品を見せていただいたり、お話して
    予想に反してきたのです。

    それはそれで良いです。

    あとは演出家と役者がどう感じるかです。

    かなり異なる手触りのものに
    違和感を覚えるのか?
    楽しいと感じるのか?
    挑戦しがいがあると受け取ってくれるのか?


    今週中に、もう一人の作家をイメージして音楽を作る必要があります。
    あと、6曲。
    なんとなくイメージはあるけど、作ってみないとわからない。
    実は、この作家に対しての音楽が一番難しい。

    ほかの二人とタイプが違うから。

    二人は、表現者という感じ。
    もう一人は、視点を変えるアートディレクターって感じ。

    このアートディレクターとのコラボ。
    難しいけど、面白い。

    挑戦してみようじゃないかってね。

    自分だけで作るのではない楽しみがここにありますね。
    自分以外の要素を取り込んで、自分が変化していく。

    今、僕はそういうことに興味があります。

    つまり、いろんな体験をして自分の中の空気を
    循環させるってことですね。

    それは疲れることでもある。
    だから、睡眠と食べ物は大事だな〜と思うこのごろ。。
    JUGEMテーマ:音楽




     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM