<< あり方。 | main | 朗読 >>

基準値。

0
    週末になんとか18曲完成させた。
    多少、曲の長さを調整する必要があるけど、まあ、だいたい完成。

    1日の多くを音楽のことを考えて没入していた。

    鍵盤に指をおいているときだけが作曲ではなく、
    むしろそれ以外の時間をどんな風にすごしているのかが
    強く影響するように思う。

    絵をみたり。映画をみたり。

    それはまだ直接的だけど、イチゴを食べたりもそう。
    種類の違うイチゴを食べ比べたりね。

    そういえば、最近、イチゴが大きい傾向にある。
    見栄えがいいからと思うけど、少し違う。

    普通のイチゴのサイズのほうがやっぱりイチゴの味がする。
    自然がいいと思う。
    イチゴを自分でとって
    食べる経験があるかないかで「ん?」ってなるか、ならないかがある。

    なかったらスーパーにあるイチゴがイチゴかと思うだろうし。
    大きけりゃ見栄えもいいしね。でも、イチゴ本来の味は損なわれる。

    音楽もね、音の圧があると迫力あるけど、生の音をそのまま
    とらえたら、そんな音しないから。
    なので、ライブに人はお金を使うように
    なったのかな、と思う。

    いいライブをみて自分の高い基準値を持ちたいと思う。
    JUGEMテーマ:音楽

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM