<< 朗読 | main | アートワーク。 >>

iMac

0
    先週、土曜日は稽古に出かけた。

    音楽の修正をし、完成形の音楽をたずさえて。

    芝居のピースとはまったとき、どういう模様を描くのか
    ワクワクしながらアトリエに向かった。。が、しかし
    灯りがついてない。

    もしや、と日程表を確認。

    ん〜やっぱり、やってしまった。

    休み。。


    僕は、割と抜けてるところがある。


    もう、頭の中では、芝居と音楽がいったいとなった
    情景が見えて、音も鳴り響いていたので、がっっくりやわ!

    ちょい早足でアトリエにかけつけたんで、汗ばんでんアトリエ前に
    ポツンって。ああ、なさけない。

    でも、今日が稽古だから、がんばって音楽仕上げたし、
    エンジニアさんにはデータ全部送ったし、、、ってなんとか
    この勘違いを自分のなかで消化してた。

    しょうがない、と気を取り直し、CDをポストに
    入れて帰ることにした。

    帰りの風の冷たいこと、冷たいこと。。


    稽古があるから、アップルストアに行くかどうか悩んだすえ、
    やっぱり行った。行っておいてよかったと思った。

    パソコンの不具合で買いかえなきゃ、と思ってたので。
    ソフトの入れ替えを考えたら、めんどうで。
    だから、こういう機会でもなきゃ、マックに変えることもなかろう、と。

    iMacみてたら、いいな〜と思った。
    ワクワクするのね。

    これで音楽作ってる自分を想像したら、いい感じで(笑)
    なんだか、すごくいいものが作れるんじゃないか?って

    錯覚かもしれんがね!はは。

    でも、自分がワクワクするものを使うって大事と思います。
    JUGEMテーマ:音楽

     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM