<< iMac | main | 偶然性。 >>

アートワーク。

0
    芝居もまだまだ先のことかと思っていたら、そうでもない。

    音楽は録音やらミキシングなどの作業があるので
    考えたら、もうせっせかやらないと、時間ないやん、ってことです。


    CDのアートワークはいつも、かおりさんにお願いしている。
    僕の抽象的なイメージを具現化してくれるからすっごく頼りに
    してる。

    彼女、観察視点が面白い。
    人の着てるものの印象ってほとんどないって言ってた。

    デザイナーなので、その辺、もっと細部まで観察してるのかと
    おもいきや、違うみたい。

    もっと、人の雰囲気とか、オーラ?そういうの観てるって言ってた。
    ああ、なんとなく分かるな、と。

    で、今回のデザインもすごくいい感じ。

    というわけで、僕は、録音打ち合わせのために、
    今は楽譜をせっせと書いている。

    デモで録音した音源から聴いて、譜面に起こしてる。
    なら最初から書いとけば楽だったのに。。と思わずにはいられない。

    が、きっと次も同じようにしている気がする。ふむ。

    そうそう、パソコン、調子悪いので、新しく買いました。

    iMac。

    ふふふ。うれしい。
    JUGEMテーマ:音楽


     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM