<< 再チャレンジ。 | main | 化学変化。 >>

あたらしいPC

0
    iMacがきた。

    なるほど。

    画面が美しい。

    オーディオインターフェイスを通さなくても
    ある程度、いい音がする。

    iMacを置くと、どうも自分の部屋の机や無造作に
    重ねられた本が気になってきた。

    シンプルにデザインされているので、
    無造作にあるものとの調和がとれていない。

    木の机がほしくなった。

    デザインされたものと自然のものって調和がとれる感じがする。
    エレクトロニカと自然音が調和する感じと近いかも。

    そして、このiMacではやく音楽を作りたいって思う。
    こういうのいいね。

    いいお金の使い方だと思う。



    芝居の稽古はどうなっているだろうか?
    今は、音楽の作業でかかりっきりになっているので、稽古に顔を
    だすことが出来ない。

    きっと、ここからどんどん世界観が構築されていく頃に
    差し掛かっているだろう。


    音楽と芝居がどのように融合するだろうか、今から楽しみだ。
    JUGEMテーマ:音楽

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM