<< 没頭は楽しい。 | main | こころの地図。 >>

頑張るってなんだ。

0
    陶器でいえば最終の塗りの工程をやっている段階。

    音楽が薄皮一枚で心にふれないか、あるいは聴き手の心に浸透するか
    その分かれ道になる部分。

    だから、すごく精神を集中させて取り組む。
    口内炎が悪化した。

    芝居の稽古場に足を運んだ。

    僕はがっかりした。

    あと1週間ちょっと。本番まで。


    こんなもんか?と。


    距離を感じてしまった。


    まったり、淡々と進みすぎているように感じたのだ。


    もっと葛藤とか、歯がゆさとかあるんじゃないかって。
    追求していこうとしたら、自然と。

    納得いかない部分は、何度も何度もトライして試行錯誤するとか。


    ああ、先週と全然違う次元の芝居してるじゃん!ってものがなかった。


    だから正直がっかりした。

    と同時に、自己嫌悪にもなった。
    なんだか自分はこんなに頑張っているのに、まわりはなんだって
    思ってる自分は、傲慢だなっと思えてね。

    頑張るってなんだ、みたいな。

    より高みを追求したいからなのか、人に認められたいからなのか。

    前者なら、まわりのことには左右されないはず。
    後者が強いと、まわりの状況で一喜一憂する。

    自分は前者でやってると思ってたが、あれ?後者か?って。
    だから、がっかりしたのか。。とも思えて自己嫌悪になった。


    頑張るってなんだ。

     

    JUGEMテーマ:音楽





     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM