<< 才能、ではない。 | main | 過去の自分から見る。 >>

人と出会うことについて。

0
    iMacを購入したので、音楽ソフトの入れ替えをしている。

    音楽制作にはキューベースを使っているので、それらも引越ししているが
    なかなかスムーズにはいかない。

    今は入れ替えの時期だ。

    新らしいことを初める時は、以前使っていたものが不具合を起こし出す。
    自分自信が変化することを望んでいるのだと思う。

    今まで作ったピアノ曲の音源を全て聴きなおしていた。
    以前の作品を聴くのは、ある意味、苦痛。
    粗が目立つから。
    これから自分がやりたいことが幾つかあるが、まずこのピアノ曲を
    ブラッシュアップして録音し直すつもりだ。

    結局、自分の音楽のコアになる部分なので、芸術性、商業性、その両面で
    通用するものにしておきたいと思ったから。

    商業性についてはどのように判断基準を持つか。
    それもこういう方法でやってみようというのがあるが、それはまたの機会に。


    芝居。第2週目を見に行った。
    今度は自分がお客さん目線で体感するために、客席から鑑賞。

    美術作品は加藤恵利さん。
    おそらく今回、作品提供する3人の作家で最も主張性が少ない。
    作家性として。

    僕はかなり好きだ。音楽をつける時に、加藤さんの作品に最も時間がかかった。
    作曲にというより、方向性を見つけることに。
    個性の色が強いというのは、ある意味わかりやすい。だから、受ける。

    加藤さんのように、、僕の主観だが、、強い主張のないものは見る人による。
    自由度が高いとうのか。長く見ていても飽きない。
    音楽をつけるのが大変だったけど、僕にはすごくしっくりきていた。

    余白感みたいなのが好きなんだろうね。


    人と会うのはどっちかというと苦手。
    だが、こういう出会いがあるから外に行くことも多少必要と感じるこの頃。

    一つの良い出会いも、幾つかの面倒も両方あるってこと。
    でも、幾つかの面倒も、後で役に立つとは思う。
    JUGEMテーマ:音楽



     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM