<< 自分を変えるには。 | main |

テーマは呼吸。

0
    映画が好きでよく観ている。

    映画音楽が好きだから。
    何人か好きな映画音楽家がいる。

    そのうちの一人、坂本龍一。

    坂本さんは、病気から復活されて2本の映画に携わった。
    「母と暮らせば」

    「レヴェナント」

    母と暮らせば、は映画も音楽も素晴らしかったが、両者が溶け合って
    いない感じがした。
    山田洋次監督はとても安定した絵を取る監督だと思う。
    一方、坂本さんは実験的な音楽家だ。

    実験的な音楽家が、安定的な監督の作品に音楽をつける行為
    は実験的ではある。
    山田監督は、小津安二郎監督を尊敬していることで知られている。
    坂本さんも、小津映画へのオマージュのつもりで音楽を書いた、そういう意味で
    は新しい挑戦をしたと言っていた。

    だが、やはり安定的な絵を得意としている監督とは、溶けあわないという
    印象が残った。
    これぞ坂本という「響」があるが、それは山田映画の中では鋭角すぎる。


    かたやレヴェナント。これは素晴らしかった。
    坂本龍一が手がけるべき映画だと思った。
    静寂と暗さ。その中にある美しさ。

    そこで、坂本さんの実験精神が映像と見事に溶解していた。

    僕は、2度レヴェナントを観た。


    パブリックイメージとしては坂本=戦メリ
    は未だにあると思う。
    がしかし、アルバム「out of noise」前後のサウンドスケープの
    ような音世界を追求してきた坂本音楽が「レヴェナント」には溢れているのだ。
    近年の坂本ワールドなのだ。
    イニャルトゥ監督は坂本ファンを公言しているが、その通り良く
    坂本さんの音楽を聴いているんだな、と映画を観ながら感じた。
    イニャルトゥ監督だから、あそこまでの音楽を引っ張り出せたのは
    間違いない。

    レヴェナントは呼吸で始まり、呼吸で終わる映画。

    命の続く限り、最後まで呼吸するんだ。生きろ!というメッセージだと僕は
    受け止めた。

    映画のエンドロールの音楽は、ピアノとチェロで始まる。
    たっぷり間をとった曲なので、音の出始めに呼吸をしてタイミングを
    合わしている。
    その呼吸の音が、しっかりと録音されている。

    この映画の重要な要素である「呼吸」をここでも活かしている
    のだと思う。
    だから映画を観る人は、エンドロールで帰らないで、そこも
    体感してほしい。
    JUGEMテーマ:音楽

     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    1996
    1996 (JUGEMレビュー »)
    坂本龍一
    インスツゥルメントアルバムとして史上最高峰です。
    ピアノ・チェロ・バイオリンというシンプルな構成で演奏されることで、楽曲のもつ力がよりクリアーに伝わってきます。和音の展開の仕方や和音ひとつひとつの響きの美しさというものが、アコースティック楽器で奏でられることでより感情に訴えかけてくるからです。
    坂本氏のピアノや音楽の本質は、厳選された音で、音空間を理知的に構築されているところにあると思います。
    その構築美を堪能できるベストアルバムです。
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM